自衛官の転職 問合せ窓口に私用の愚痴を漏らしにくる

自衛官の転職 問合せ窓口に私用の愚痴を漏らしにくる

アーカイブ: 3月 23, 2017

三等空曹目前に自衛隊を退職して起業したい

投稿日: による

航空自衛隊で3曹試験を目前にして悩んでいます。というのも、このまま自衛隊員として生きていくのはどうなんだろうと思ってしまったからです。一応公務員ですから、学生時代の仲間が勤務している一般の会社とは違い、倒産するというような不安がないことは確かです。仲間の何人かが、会社の経営が傾いてボーナスどころか給与も減らされたとか言うのを聞きますから、その点自分は恵まれているんだろうなと思います。

実際に貯金も同年代の平均よりも多いのではないかと思います。とはいっても、使う機会があまりないのが現状、とにかく仕事に追われている感じで毎日息がつまりそうです。

つまり、辞めたいと思い始めています。でも、辞めてどうなるんだという不安もあり葛藤があるのです。それに、自衛隊はやっぱり辞めると意思表示しても辞めにくいのが普通で、自分もどう切り出せばいいのか見当もつきません。だいたい、辞めると言っても引きとめられるのが当たり前、強硬手段に出た人も何人か知っていますが、あまり得しているとは思えません。

真剣に辞めることを考えるのなら、まず再就職先をどうするのかそれが一番の問題です。聞くところによると、自衛隊を退職してもあちこち点々とする人の割合は多く、正社員として安定した生活を送っている人の方が少ないようです。自分が好きで選んだ道であり、進路を決める時に両親から反対され今さら辞めたいんだけどというのも言い出しにくいです。

姉に相談したのですが、親は喜んで帰っておいでというに決まっていると言ってくれました。

しかし、男としてのプライドもあるのです。

体力には自信があり資格も持っているので、肉体労働ならやって行ける自信はあります。でも、定年まで働き続けることができるのでしょうか。

このまま自衛隊に残り、お金を貯められるだけ貯めてそこでもう一度考えてみようか、でもそれでは遅すぎるのか迷っています。お金を元手に何か事業を始められるのならそうしたいのですが、いかんせん頭脳がそれほど優秀ではないのが残念です。

再就職アドバイス:起業家はそんなんじゃいかんよ

起業に必要なのはそのような頭脳だとか体力だとかじゃないですよ。

根性です。夢です。パッションです。

以上、やると決めたらやってみせよ。男なら

航空自衛隊を退職した理由は田舎暮らし!転職サイトで面接ノウハウを学べ!

投稿日: による

航空自衛隊として勤務をしていたのですが、田舎暮らしに嫌気がさしてしまいました。

航空自衛隊の基地があるのは、田舎ばかりです。東京出身の自分にとって、やはり田舎で暮らすのは不便なことがたくさんありました。

今まで転勤も何度がしたのですが、全て辺鄙な場所ばかりで、買い物に行くのも車で数十分走らないといけないところばかりでした。本当に田舎での暮らしが苦痛で、転職を決意しました。

これから転勤があっても、さらに田舎に転勤させられる可能性はかなりあります。さらに、仕事も本当におもしろくなくて、性格のあまりよくない年下の幹部自衛隊にいつも嫌味をいわれてばかりで、職場にいくのも嫌でした。

そのため、おもいきって辞めることを告げました。上司は、意外をあっさりとしていて、もっと引き止めてもらえるかとも思っていたのですが、そんなことはありませんでした。それが少し悲しかったですが、ますますあの職場を去ってよかったと思いました。航空自衛隊をやめて、私はすぐに転職サイトを利用しました。

転職サイトを利用したのははじめてですが、とてもたくさんの仕事がのっていて、見ているだけでわくわくしました。とても気になる仕事が見つかったので、私はすぐに応募をしました。転職サイトには、面接のノウハウものっていたので、かなり参考になりました。面接ではこんな受け答えをしたらいいとか、こんな感じの服装でいったらいい、というようなことがたくさん書いてありました。

かなり参考になったので、面接も無事に終わり採用をしてもらうことができました。今新しい職場で働いていますが、毎日が本当に楽しくて、航空自衛隊を辞めてよかったと心から思っています。本当に幸せです。

転職サイトを利用して再就職に成功した航空自衛官の話

投稿日: による

航空自衛隊として5年働いていたのですが、もう耐えられないと思って転職サイトを利用し転職することに決めました。

なぜ耐えられないと思ったのかというと、仕事内容が全くおもしろくなかったからです。こんなにおもしろくない仕事だと思っていませんでした。

とにかくつまらなくて、毎日絶望的な気持ちで過ごしていました。何をしても上司には怒られるし、一緒に働いている人もつまらない人ばかりでした。

仕事内容もやりがいが全くありませんでした。私はいろいろな人と関わることがすきなのですが、私が航空自衛隊に勤務していたときの仕事は、毎日1人で機械を向き合っていないといけない仕事でした。ひどいときには、誰とも話すことなく、帰ることもしょっちゅうでした。誰とも話すことがないため、気分転換もできませんでした。いつも1人でする仕事なので、なかなか同じ基地で働いている人と仲良くなることができませんでした。

そのため、飲み会とかもおもしろくなかったです。そのため、もう耐えられないと思い転職サイトをみてみました。転職サイトには、いろいろな職種があり見ているだけでも楽しかったです。

私は、給料もそこそこいい営業職に転職をしました。営業職は未経験だったのですが、私は人と会話をするのがすごく好きなのでとても楽しみでした。実際に今働いていますが、すごく充実しています。

いろいろな会社の人と会話をする機会もあり、すごく楽しいです。この会社に就職をして良かったです。航空自衛隊の仕事は正直いっておもしろくなかったです。給料は良かったですが、もう二度と戻りたいと思わないです。

転職サイトを利用して、転職をして本当によかったと思っています。これからもとても楽しみです。

責任が重すぎる幹部自衛官を辞めて転職したいと考えています

投稿日: による

私は幹部自衛官として働いていますが、すごく辞めたいです。でも、辞めにくいので毎日すごく悩んでいます。なぜ辞めにくいのかというと、責任の重い仕事についているからです。幹部自衛官は、権限がある分責任が重く、部下がミスをした場合には幹部自衛官に責任が及ぶ場合も少なくありません。

そのため、そんな私が辞めたいなんていったら、多くの人に迷惑がかかりますし、みんなにがっかりされることはよくわかっています。幹部自衛官なので、二年に一度は転勤があります。そのため、地元に帰ることができません。地元の近くに転勤ができたとしても、すぐにまた別の場所に転勤になってしまうので不安で仕方がありません。

こんな気持ちで仕事をしないといけない自分がもう嫌なのです。でも、私には家族がいます。小さい子供三人と、奥さんがいます。奥さんは転勤についてきてくれるので、専業主婦です。そのため、私の収入でみんなが生活をしています。そのため、そんな私が仕事を辞めてしまったら、家族はみんな食べていくことができないのです。それはとても困ることです。

転職を無事にできたとしても、今くらい給料がもらえる仕事はないと思います。そのため、辞めにくいです。実際に辞めたときの生活を考えることができません。幹部自衛官として働いていますが、あの堅い職場の雰囲気も嫌だなと思っています。もっと楽しい民間企業に入っておいたらよかったです。民間企業で営業職などをしてみたかったといつも考えてしまいます。

でも家族のために辞めることができません。また、一緒に働いている部下たちのことを考えると、自分だけ辞めるというのも悪いなと思ってしまいます。

こんな中途半端な気持ちで毎日生きていくのが辛いです。辛いので、とりあえず奥さんに相談をして本気で転職をすることを考えようかなと思っています。収入が減っても、奥さんが働いてくれたら、なんとかなるかもしれないなと思っています。

就職援護を利用して満足のいく仕事内容がある会社へ転職することができました

投稿日: による

海上自衛隊を数年続けたのですが、仕事があまりおもしろくなかったので、辞めることにしました。任期制でしたし、ちょうどいいなと思いました。試験を受けて昇任することができれば、今後も海上自衛隊として働くことができたのですが、もう働きたくないと思ってしまいました。厳しい上司ばかりですし、みんな堅い人ばかりで、職場で笑うということがほとんどありませんでした。

私はこれではいけないと思ったので、別の企業で働くことにしました。就職援護を利用したことで、給料も海上自衛隊で働いていた頃くらいもらうことができる、結構いい企業に就職することができました。その企業は先輩もみんな親切ですし、研修制度もかなり充実していて、新人の私でもすごく働きやすい職場でした。私はまだ20代なので、いろいろな人にチヤホヤしてもらえたのも嬉しかったです。

海上自衛隊の頃は、数ヶ月自宅に帰ることができない出張も何度もありました。船に乗る仕事もたくさんあり、船酔いすることも頻繁でした。でも今は、そんな仕事もありません。毎日帰宅できますし、長期の出張もありません。転勤もないですし、毎日とても充実した日々を送ることができています。海上自衛隊として働いていたときには感じることができなかった達成感も感じることができています。

いろいろな企業の人との関わりもあって楽しいです。ノルマがありますが、そのノルマがあるからこそ仕事をよりいっそう頑張ることができています。こんなに仕事が楽しいと思ったことは、自衛隊の頃にはありませんでした。この職場であれば、今後も続けることができると思います。海上自衛隊を辞めて本当によかったです。転勤もないし最高だなと思っています。

海上自衛隊の将来性に疑問を感じ、家族との時間が取れる仕事へ転職しました

投稿日: による

海上自衛隊として働いていました。でも、家族と過ごす時間があまりにもなくて、転職を考えるようになりました。毎日帰るのは深夜でしたし、船の上の仕事のため、三ヶ月くらい帰ってこられないこともよくありました。そのため、1歳の子供の成長をほとんど見ることができず、私がいない間にどんどん大きくなっていくのが辛いときもありました。

また、転勤も多くあり、奥さんにも辛い思いをさせていました。転勤先では奥さんには友達も知り合いもいません。その上、私まで長期間家を空ける勤務が続き、奥さんは家で子供と2人きりで生活をしていました。奥さんは辛いと自分から言うタイプではないので、我慢しているのがよくわかりました。こんなことではいけないと思いました。海上自衛隊の仕事にも全くやりがいを感じることができていませんでした。

そのため、私は転職サイトを利用して転職することに決めました。転職サイトには、将来性のある職業がたくさんのっていました。私は、転勤のない大手企業の営業を選びました。

給料も悪くなく、奥さんが専業主婦でも子供と三人で十分生活していけるだけの給料はもらえます。実際に転職をして、毎日とても幸せです。子供や奥さんと過ごす時間も増えました。家族サービスをすることができています。

仕事もとても楽しく、営業が私にはあっていることがわかりました。こんなに毎日充実している生活を送ったことがありません。

海上自衛隊は、とても堅い雰囲気の職場でしたが、今の職場はすごく明るくて楽しいです。頼りになる先輩もたくさんいますし、いろいろと教わりながら頑張ることができています。この営業職に転職をして本当によかったと思っています。

海上自衛隊には絶対に戻りたくないです。

マイナビジョブ20